So-net無料ブログ作成

皇海山、2144m 2012/07/15 (登山口までたどり着けず) [百名山]

7月14日はとんでもなく長い一日となった。
4時に起床、5時に「越後駒ヶ岳」に向けて山登り開始。7時30分に登頂断念し、9時50分に下山完了。それから高速まで移動しようとすると、途中(枝折峠~銀山平)工事につき12時まで通行止め。それから、小出ICから沼田ICまで移動し、道の駅の温泉(※)で静養。それから、皇海山の登山口に行くため林道を進む ・ ・ ・ 

※非常に気持ちがいいぬるぬるした温泉です。年間たくさんの温泉に入りますが、ここはお勧めです。
http://www.boukyou.com/
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/ma0011/T-Gunma60.htm

皇海山(計画)平面図.jpg
癖のない登りやすそうなコースのようです<実際登っていないので想像です>

皇海(計画)縦断図.jpg
沿面距離5.7km、累積標高774m、推定時間3時間39分と大変手頃な山です。<実際登っていないので想像です>

皇海(計画)鳥瞰図.jpg
気持ちよさそうな癖のない山登りのようです。


P1000956.jpg
ここからは、聞きしに勝る悪路の林道レポートです。
15:36このあたりはちょっと狭いが普通の林道です。

P1000957.jpg
15:38 水たまりが見えるようになりました。

P1000958.jpg
15:40 水たまりが大規模となってきました。

P1000959.jpg
15:43 車が泥だらけになりそうです。

P1000960.jpg
16:04 落石が多くなり時折車の腹を擦るようになってきました。

P1000961.jpg
16:08 登山口まで8.5キロ手前の場所で大きな落石があり、車1台やっと通れるような場所がありました。
この場所でトラブル発生です。徐行して通り過ぎれば問題なかったのですが、あまりに狭いのでゆっくりゆっくり進んだところ、雨で道が緩んでいたため前輪が空回りして前に進まなくなってしまいました。ここで落ちついてドアを開けて状況確認しようとしたところ、岩に阻まれドアが開かない。今考えれば少し冷静さを失っていたと思います。ぎりぎりに進んだのでバックが厳しいが、入ってきたのだから戻れるはず。そこでバックし始めた瞬間、右路肩の右斜面の上にあった車輪が10センチほど左にずり落ちたのです。「左フェンダーが危ない」と思った瞬間いやな音石をこするが聞こえた。そこでハンドルを切って回避しようとしたら音が大きくなった??
実は左前フェンダーが当たっているのではなく、後ろドアだったようです。
冷静になって考えると、もしかして逆にハンドルを切ったかも?
馬鹿なことをしたと思えますが、そのときはほとんどパニック状態だったのでしょう。後の後悔先に立たずです。

P1000962.jpg
百名山を目指している人はこの林道を攻略するのは必須条件(足尾銅山から登るルート図は後ほど)です。
そこで、自分の体験からアドバイスを行います。

① しばらくはこの林道を使うのを見送る。(皇海山は後回しにする)
② どうしても通る場合は、雨上がりのぬかるんでいる日を避けて通行する。
③ 軽自動車かオートバイの使用を考える(自転車は距離的にきついか)
④ この道は自家用車を使用しないで軽自動車か軽トラックのレンタカーを借りる(レンタカー会社さんごめんなさい)しかしこの案は、登山口8.5kmの障害はクリアできるが、この先問題がないのか未確認です。


P1000967.jpg
ゴールまであと8.5km(というかまだ8.5kmも走らなくてはいけない)

皇海山(林道)平面図.jpg
平面図でいうとちょうどこのあたりです。皆さん注意してください。


P1000969.jpg
せめてゲートが閉まっていたらこの先通行しなかったのに(涙・・)


P1000971.jpg
確かに全面通行止めの看板がありますが、「皇海山 こちら→」の看板もあるので、実際にチェーンがかかっているのを見るまで納得できないのも人情でしょう。
それから、こんな林道の手前まで誘導しておいて通行止めもないでしょう。もし通行止めであれば、「吹割の滝」あたりの国道の入り口で大きく通行止めとするべきでしょう。

【別ルート】
皇海山(銀山平ルート)平面図.jpg
足尾銅山の方角から上るルートです。めちゃくちゃ長い

皇海(銀山平)縦断図.jpg
沿面距離 21Km、累積標高 2200m、休みなしで歩いても11時間かかる。実質並の体力の人にとってこのルートの攻略は不可能。(泊まりで攻略すれば可?)

【車の修理】
車の修理は「カーコンビニ倶楽部」株式会社アクティブコレクションにお世話になりました。
O店長さんへ、きれいに修復してくださりありがとうございました。(値切ってごめんなさい)m(_ _)m
http://www.activecollection.co.jp/
http://www.carcon.co.jp/all/shop-03971052/

【感想】
ここ3座ほど完登出来ていません。甲斐駒ヶ岳では流血により登頂間近で途中断念。越後駒ヶ岳では降雨による登頂断念。皇海山では大事な愛車が負傷のため、登山口までたどり着くことなく断念。
おもえばどんどん状況が悪化しているようです。これらのことを考えると、「もうやめろこれ以上続けると大変なことになるぞ」ということだろうか?また、「精神的にも、肉体的にもあまりに未熟である。もっと鍛えてからでないと山に挑戦することは許さない。」等々、まだ結論は出せませんが、しばらく体を鍛えて9月あたりから再開しようかなと考えています。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。