So-net無料ブログ作成

旧海軍史跡巡り<呉軍港周辺全般> [歴史探訪]

地図(呉周辺).jpg


<呉軍港空襲>
呉軍港空襲(くれぐんこうくうしゅう)は、太平洋戦争中、1945年の3月19日、7月24日、7月28日の三度に渡って行われたアメリカ海軍を中心とした連合国軍空母機動部隊航空隊による呉軍港および瀬戸内海西部への空襲作戦。なお、この空襲とは別に、呉市街地は7月1日深夜から2日未明にかけて戦略爆撃を受けている。

【概要】
3月19日はアメリカ海軍のマーク・ミッチャー提督の第58機動部隊約350機、7月両日はウィリアム・ハルゼー提督率いる第38機動部隊約950機による空襲。日本側は高角砲や艦艇の対空射撃により激しく抵抗を行ったがほぼ全ての艦が着底、航行不能などの被害を受けた。
3月19日の第58機動部隊に対しては松山基地の三四三航空隊が呉を攻撃中のアメリカ海軍艦載機を迎撃し58機(アメリカ海軍側の記録では14機)を撃墜した。更に、銀河が高知県沖に接近していたアメリカ海軍空母フランクリンを攻撃し大破させ、神風特攻により護衛空母及び駆逐艦1隻に損傷を与えた。7月24日の空襲では三四三航空隊が再び迎撃に向かい16機を撃墜。
一連の戦いで日本の乗組員約780人が戦死、約2000人が戦傷した。上記のように連合国軍にも大きな損失を与えたものの、工廠施設が破壊され、戦略爆撃の一環として瀬戸内海の要所にB-29から機雷を投下されたことから、呉軍港は母港としての機能を完全に失った。


GunkanHaichi319.jpg
3月19日の呉軍港に繫留されていた軍艦

【主な被害艦】

3月19日

戦艦
 • 榛名:小破
 • 日向:小破
 • 大和:軽微(※1)

航空母艦
 • 天城:小破
 • 葛城:軽微
 • 鳳翔:軽微
 • 海鷹:軽微
 • 龍鳳:小破
それ以外、川崎重工で建造中の生駒も小破する

巡洋艦
 • 利根:小破
 • 大淀:中破

潜水艦
 • 呂67:小破
 • 伊400:小破

(※1)戦艦大和についての詳細
1945年(昭和20年)3月19日、呉軍港が空襲を受けた際、敵機と交戦した。呉から徳山沖に退避したため、目立った被害はなかった。

同年3月28日、「次期作戦」に向け「大和」(艦長:有賀幸作大佐、副長:能村次郎大佐、砲術長:黒田吉郎中佐)を旗艦とする第二艦隊(司令長官:伊藤整一中将、参謀長:森下信衛少将)は佐世保への回航を命じられたが、米軍機の空襲が予期されたので回航を中止し、翌日未明、第二艦隊を徳山沖に回航させた。

3月30日に、アメリカ軍機によって呉軍港と広島湾が1,034個の機雷で埋め尽くされ、機雷除去に時間がかかるために呉軍港に帰還するのが困難な状態に陥る。関門海峡は貨物船が沈没して通行不能だった。


7月24日、28日

戦艦
 • 榛名:大破着底
 • 伊勢:大破着底(中甲板以下浸水)
 • 日向:大破着底(下甲板以下浸水)

航空母艦
 • 天城:転覆
 • 葛城:上甲板以上小破(飛行甲板大破孔)
 • 鳳翔:損傷
 • 龍鳳:損傷

巡洋艦
 • 磐手:7月24日大破、7月28日浸水擱座
 • 出雲:浸水擱座
 • 青葉:大破着底(船体切断)
 • 利根:大破着底(船体満水)
 • 北上:7月24日大破
 • 大淀:転覆

駆逐艦
 • 宵月:7月24日損傷
 • 梨:7月28日沈没
 • 樺:7月24日損傷

建造中の艦艇
 • 阿蘇:7月28日火災発生
 • 伊404:大破、機密保持のために自沈処分

呉軍港以外での被害
 • 摂津:7月24日大破着底(広島湾江田島大須海岸)
 • 海鷹:7月28日被爆[1](大分県別府湾)
 • 駒橋:7月28日大破着底(三重県尾鷲港)
 • 萩:7月24日損傷(山口県祝島南方)
 • 椿:7月24日損傷(岡山沖)

引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%89%E8%BB%8D%E6%B8%AF%E7%A9%BA%E8%A5%B2

呉周辺鳥瞰図.jpg
グーグルアースを使用して鳥瞰図を作ってみました。

DDH182 いせ.jpg
現在の呉です。DDH182 「いせ」が繫留されています

「軍都」呉の歴史

P1000422.jpg

(1) 戦前の呉鎮守府と呉海軍工
 呉浦が、平穏な村落から世界的な軍港へと変わっていったのは、1883年(明治16)に行なわれた海岸の調査によります。
 呉は軍港に最適地であるとされ、横須賀についで二つめの海軍鎮守府を置くことが決まり、1889年(明治22)、呉海軍鎮守府が開庁し、同時に造船部が開設されました。
その歴史を少しふりかえってみましょう。
1899年(明治32) 呉における最初の軍艦(通報艦)「宮古」が建造される
1907年(明治40) 日本最初の装甲艦(巡洋艦)「筑波」が建造される
        呉工廠製12インチ(約30cm)の、最初の国産主砲を搭載
        これによって呉工廠は横須賀を抜いて日本一と呼ばれるようになる
1909年(明治42) 船体鋼材全部が国産品の巡洋艦「伊吹」が建造される
1911年(明治44) 当時世界最大の戦艦「安芸」が建造される
1915年(大正4) 世界初の3万トン級の戦艦「扶桑」が建造される
1920年(大正9) 世界初の16インチ(約40cm)主砲搭載の戦艦「長門」が建造される
1941年(昭和16) 世界初の18インチ(約46cm)主砲など、日本海軍の技術を
        結集した巨大戦艦「大和」が建造される

 戦前、日本には四つの海軍鎮守府と、その管轄下にある海軍工廠が存在し、戦艦・空母などは呉と横須賀で、巡洋艦は佐世保で、駆逐艦は佐世保と舞鶴で、潜水艦は呉と横須賀で造る生産態勢ができあがっていました。
 その中でも、呉は瀬戸内海という波静かなところにあり、艦隊の訓練をする場所として適していたことから、呉海軍工廠では造船・造機・造兵・製鋼・礒装・検査・実験部など、機能強化が集中的に行なわれ、最新技術の導入が可能となりました。こうして新造艦艇の兵器と鋼鉄は、すべて呉から製造供給されるようになったのです。
 呉の工員の数が他の三海軍工廠の合計を越えていった過程は、「日本で初めて造られるもの」から、「世界で初めて造られるもの」へと、その能力を高めた形で表れ、呉海軍工廠は「東洋一」といわれるほどでした。

 軍事都市・呉の特色としてこの他、海軍の幹部を養成する場所であったこと、燃料など軍需物資の補給基地であったこと、乗組員の休養・補給基地であったこと、広島の第五師団とともに海外出兵の基地であったこと、同時に軍内部で反戦運動も行なわれたこと、そして「東洋一の兵器工場」の陰では、劣悪な労働条件に抗して労働運動も起こり、大規模なストライキや米騒動が発生したこと、などが挙げられます。

 呉が、空襲を受け、戦場にもなったり、原子爆弾を投下する候補地にもあげられていたのは、「東洋一の兵器工場」とともに、海外派兵のための出撃基地だったという背景があったからです。

「軍都呉の歴史関係年表」
1886(明19) 第2海軍区軍港を呉港に定む
1889(明22) 呉鎮守府閉庁.造船部、兵器部など設置
1894(明27) 日清戦争
1897(明30) 呉鉄道起工、造兵廠設置
1902(明35) 呉市制をしく、全国で54番目
1903(明36) 造船、造兵をあわせ呉海軍工廠設置、呉線開通
1904(明37) 日露戦争
1912(明45) 海軍工廠のストライキ
1918(大7)  シベリア出兵、海兵団出動
1920(大9)  呉海軍工廠広支廠開設
1931(昭6)  呉海軍航空隊開設、海軍軍縮で工員整理
          15年戦争(満州事変)開始
1934(昭9)  広第11空廠設置
1937(昭12) 日華事変、戦艦大和起工
1941(昭16) 潜水艦基地隊開設、太平洋戦争開始
1943(昭18) 呉市の人口40万4千人で最高
1945(昭20) 米軍機の呉空襲、5次の大空襲、8.6原爆投下、敗戦
          米軍上陸、呉に進駐(9.26)
1950(昭25) 朝鮮戦争勃発、再軍備開始、旧軍港市転換法の公布
1954(昭29) 海上自衛隊呉地方総監部を設置

引用:http://www.kure-sensai.net/Kuushuu/Rekisi/KureNoRekisi.htm

<おまけ>

the Imperial Japanese Navy 艦名言えるかな? 戦艦巡洋艦編

自分は戦後生まれなのになぜか正解が多い?もしかして、OTAKU??


Japanese Aircraft Carriers (IJN) 日本の航空母艦

隣国では、国威発揚の為かロシアから中古の空母を買ってきて「どうだ我が国も航空母艦を持ったぞ!」と威張っているが、どうせ威張るならエンタープライズを上回る大型の空母を自国で作ってからにしてください。ちなみに日本では、数十年前にたくさんの空母を所有していました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。