So-net無料ブログ作成
検索選択

机上_雲取山、2017m  [机上で百名山]

11月も後半になり夏山のシーズンが終了してしまいました。昨年のシーズンオフはブログの話題がなかったため、印象に残った食事を紹介していましたが今年はやめます。
このブログはあくまでも百名山がメインなので、シーズンオフは「机上で百名山」というシリーズを始めます。
これは、次のシーズンに百名山を登るためのいろんなコースを検討するもので、いわゆるビジネスでいうP(プラン)D(ドゥー)C(チェック)のプランのようなものを考えています。

机上コースの条件として、カシミールの「平地での移動速度は2.90km/h」(安全側)とし、日没近くの下山(山小屋到着)の計画はしない。ことで、シミュレーションしていきます。



【ケース1】 日原コース
雲取山日原ルート(机上)平面図.jpg

このコースは、日原の鍾乳洞の先の駐車スペースに車を止め大ダワを利用して雲取山荘を経由して山頂に登り富田新道を利用して駐車場に帰ってくるコースです。
課題としては、
①林道が通行止めになることが多いので、かなり手前から歩く羽目になることがある。→実行前は状況をよく確認。
②雲取山荘のHPで確認すると今日現在大ダワ林道が通行止めとなっているようなので、富田新道のピストンしかできない可能性あり。来年実行前には確認が必要。
結論として、なだらかな登りから始まり、途中に山荘で休憩が出来ること。周遊が出来ること。から、条件がそろえばこのコースを利用をしたい。

雲取山日原コース(机上)縦断図.jpg
累積標高は1353m、沿面距離は12.6km、推定時間約7時間2分のややハードなコースです。

雲取山日原コース(机上)鳥瞰図.jpg



【ケース2】 三条の湯コース
雲取山三条ルート(机上)平面図.jpg

このコースは、三条の湯近くの林道終点に駐車し、三条の湯を経由し雲取山へピストンするコースです。

雲取山三条コース(机上)縦断図.jpg
累積標高は1344m、沿面距離は12.8km、推定時間約7時間8分のほぼ日原コースと同じ条件です。

雲取山三条ルート(机上)鳥瞰図.jpg



【ケース3】 小袖コース
雲取山小袖ルート(机上)平面図.jpg
このコースは最もポピュラーなコースで利用者が多いと思われます。人気の理由は、バスの便が良いことと尾根伝いのコースで歩きやすく、見晴らしが良いことでしょう。しかし、コースは距離があるため日帰りが厳しく山荘泊まりで計画する必要がでてきます。
今悩んでいるのが、泊まりで雲取山に登るのならばこのコースをのんびりとと気持ちよくあるきたいな~とも考えていることです。いずれにせよこの件は、来年いろんな条件を加味し決定することにします。

雲取山小袖コース(机上)縦断図.jpg
累積標高は1476m、沿面距離は18.9km、推定時間約8時間56分と日帰りするにはかなりのハードコースです。6時に登り始めて16時に下山となってしまいます。

雲取山小袖コース(机上)鳥瞰図.jpg


雲取山から望む南西方面

雲取山から南西方向.jpg


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。