So-net無料ブログ作成
検索選択

印象に残った食事【平成23年8月】 [食べ歩き]

平成23年8月17日 広島県江田島市沖美町の「坪希」さん

久しぶりに印象に残った食事のレポートです。
今回食事を堪能した店は、瀬戸内海の新鮮な海産物を腹一杯食べきれないほど食べさせてくれるすばらしい店です。今までに全国でおいしい魚介類を食べさせる店を数多く食べましたが、個人的(2回以上実際に利用した店舗に限る)なランキングではベスト3に入ります。ちなみに「坪希」以外の店は、長崎の茂木にある「二見」、宇和島の天赦園に接した「天赦園さがの 」です。

P1090357.JPG
前菜の品々です。

P1090358.jpg
イカの名前はわかりません。後からゲソが焼かれて再登場してきます。

P1090359.JPG
今日は見事な巨大オコゼと大きな伊勢エビが登場です。伊勢エビはまだ生きており活発にヒゲを振り回しています。そのほかに、新鮮なシマアジと鯛も添えられていましたが完全にオコゼと伊勢エビに迫力で負けています。

P1090360.JPG
新鮮な伊勢エビのアップ写真です。

P1090361.JPG
巨大なオコゼのアップ写真です。食感はぷりっと弾力があり、かめばほのかに甘みが感じられる非常に上品な味がします。

P1090362.JPG
アワビと白身魚の焼き物(ホワイトソースのようなものがかかっていたが詳細は不明)ですが、ガーリックとバターが利いた香ばしい味がしました。

このほかにも写真を撮っていませんが、「車エビの踊り食い(頭は後から揚げられて再登場)」、コーンポタージュのような食感がする「グリーンピース(枝豆?)のスープ」、食後にアイスとフルーツも出てきました。

P1090363.JPG
先ほどの伊勢エビが味噌汁に入って再登場です。エビの味噌が利いた大変おいしい味噌汁です。

P1090364.JPG
おなかがいっぱいで食べることが出来ませんでしたが、「鯛の釜飯」もおいしそうでした。

<感想>
この店は瀬戸内海の能美島(江田島と陸続き)にあります。ここには、明治時代に東京の築地から移転してきた「海軍兵学校」がありました。(現在は海上自衛隊の幹部候補生学校や第一術科学校)その関係から、東京から海軍や政府の偉いさんが島に来ることが多かったと想定できます。その時に利用していた歴史があるため、こんな立派なお店が田舎にあるのかなと勝手に想像しています。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。