So-net無料ブログ作成
検索選択

火打山、2462m 2011/08/08 [百名山]

今日は黒沢池ヒュッテから始まります。
朝4時に起床し4時半から朝食です。ここの朝食は名物のクレープです。ジャムを挟んで食べますがそんなにたくさん食べられるものではありません。その分コーヒーをたくさん飲みました。

火打山は100名山のうち41目の山となります。


火打山平面図.jpg
黒沢池ヒュッテをスタートして高谷池(コウヤイケ)と天狗の庭を経由して火打山に登ります。登頂後は、高谷池、富士見平を経由して駐車場まで帰ります。


火打山 縦断図.jpg
累積標高は621m、沿面距離は12.67km、推定時間5時間26分の昨日とは打って変わってお手軽な山歩きです。
火打山と妙高山を一泊して登る場合最初に火打山に登る人がほとんどです。この理由はようやくわかりました。これからこの両山を登る予定がある人は火打山を最初に登るようにしてください。こうしないと1日目がきつすぎ、2日目が楽すぎというバランスの悪い二日間となります。これからは言い訳のようになりますが、今回妙高山に先に登ることになったのは、宿泊地を黒沢池ヒュッテに泊まることを決めたからです。しかし、黒沢池ヒュッテに泊まる際、火打山を先に登ってもいっこうに問題がありませんでした。いろいろ考えて思慮が足りませんでした。

火打山 鳥瞰図.jpg


P1090199.JPG
4時51分ごろ八角形の北側の窓から見た朝焼けです。今日は一日良い天気の予感がします。


P1090200.JPG
昨日大雨の中移動したため、乾燥室の中で乾かしましたが靴がまだびしょびしょです。ソックスは予備のものなので薄手です。この写真をよく見ると下半分は濡れていますが、スパッツのおかげで上半分はあまり濡れていません。どうして大量の水が靴の中に入ったのか不明です。ビブラムソールでゴアテックスを使用している良くできた靴ですが、水が大量に入るとはちょっと残念です。


P1090203.JPG
5時30分 黒沢池ヒュッテを出発です。これから火打山を目指します。


P1090204.JPG
茶臼山を越えて高谷池(こうやいけ)を目指します。


P1090212.JPG
茶臼山の途中から北の方角です。さわやかな朝の心地よさが感じられるショットです。


P1090217.JPG
東南の方角には昨日大変な大雨の中を登った妙高山が顔を出しました。


P1090218.JPG
南西の方角には高妻山が見えます。これから先、雲にかかり再び姿を見ることができませんでした。そういう面で貴重な写真となりました。


P1090224.JPG
こちらの登山道でも昨日の大雨の痕跡が見て取れます。


P1090226.JPG
6時30分 高谷池に到着です。左には高谷池ヒュッテ、右にテントが見えます。


P1090229.JPG
朝も早いのに進行方向(火打山)には夏の雲がわいてきました。


P1090230.JPG
天狗の庭の手前から妙高山を振り返ったところです。


P1090232.JPG
途中ヨツバシオガマが咲いていました。名前の由来の通りよく見るとたしかに四つ葉です。


P1090234.JPG
かなりの身長があるオニアザミ(鬼薊)です。かなり迫力があります。


P1090235.JPG
天狗の庭に到着です。左上に見えるはずの火打山は濃いガスに覆われています。今登っている人はかなり不幸な人です。


P1090238.JPG
美しい湿原地帯です。どうしてこれが天狗の庭なのか無学の自分にはよくわかりません。


P1090244.JPG
手持ちの図鑑ではミヤマカラマツ(深山唐松)ににています。


P1090247.JPG
途中雪渓も残っていました。


P1090248.JPG
手持ちの図鑑ではヤマハハコ(山母子)ににています。


P1090250.JPG
うっすらと北アルプス(後立山の白馬岳周辺)を見ることができました。


P1090253.JPG
ウメバチソウか?


P1090257.JPG
イブキトラノオか?


P1090259.JPG
ヒメシャジン(姫紗参)か?

P1090262.JPG
左上に雲に覆われた妙高山と中央部に天狗の庭が見えます。


P1090263.JPG
オタカラコウ(雄宝香)か?


P1090266.JPG
トリカブトはつぼみです。


P1090268.JPG
手元の図鑑では同定が困難なのでネットで検索した結果、キク科アキノキリンソウ属の植物のコガネギクと思われます。

P1090270.JPG
ライチョウ平に到着です。残念ながら雷鳥は不在でした。


P1090272.JPG
イワカガミがきれいに咲いていました。


P1090274.JPG
このあたりの登山道も昨日の大雨でぬかるんでいます。


P1090279.JPG
手持ちの図鑑ではウサギギク(兎菊)のようです。

P1090283.JPG
8時29分花の写真を撮りながらゆっくり歩いて3時間ちょうどで山頂に到着です。天候はまずまずですが、100名山の妙高山、高妻山、北アルプスは残念ながら見ることができませんでした。


P1090284.JPG
日本海の方角です。ガイドブックには佐渡島が見えると書いてありますが残念ながらよくわかりませんでした。


P1090286.JPG
北西、富山や能登半島の方角です。


P1090293.JPG
2500m近くの標高では食べ物の袋がぱんぱん状態です。いつものことですが、いつも感動しています。中に入っているパンは心なしか圧縮されている感じがしました。

P1090294.JPG
一時的ですが妙高山の山頂から雲が晴れました。今登っている人には一瞬こちら側が見えたことでしょう。


P1090308.jpg
帰りに天狗の庭を通った時は正面に火打山が姿を現していました。


P1090313.jpg
10時36分 帰りには高谷池ヒュッテに立ち寄り、コーラを購入です。ついでに水を補給します(ヒュッテの人の話ではここの水は煮沸が必要ですとのことでした)


P1090315.JPG
11時27分 富士見平に到着です。


P1090316.jpg
12時27分 帰りにも黒沢川で休憩です。ここの水は冷たくて、顔を洗うと生き返った気持ちになれます。


P1090318.JPG
13時38分 笹ヶ峰登山口に到着です。

この後インターーの近くで温泉に入りました。設備がきれいで食堂もあります。特徴としては、泥や砂が混じった露天風呂があることです。泥に包まれているとなんだか体に良い気分に思えます。難点を言えば結構値段が高いことでしょう。
http://www.onsencafe.com/

今回は来るときは関越を利用したので、帰りは中央高速を通って帰ることにしました。ところが、平日なのに事故があったみたいで大月から八王子まで3時間以上の掲示がされていました。このままでは、自宅に到着する時間は10時頃になってしまいます。そこで、急遽とった裏の手は、大月から御殿場にでて東名高速で横浜青葉インターまで帰ることです。結果的に9時頃には自宅に帰ることが出来たので正解だったようです。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。